HOME > トップページ

住宅ローン借り換えも

住宅ローン減税は借り換えにも適用されます!最近は、住宅ローンの低金利化がすすみ≪住信SBIネット銀行≫の住宅ローンソニー銀行など金利が1%を切る住宅ローンもあらわれています。

住宅ローン減税は最大控除額が600万円(一般住宅の場合)になっています。最新情報は財務省のHPを確認しましょう。

まずは条件面です。

【住宅ローン減税適用のための条件】
・年収…合計所得金額 3,000万円以下
また、平成21年~平成25年に居住をしていること。控除期間は10年間のため10年以上の長期借り入れであること。
・住宅の床面積50m2以上

注意点としては、「住宅ローンを借り入れた時点」や「住宅購入した時点」で控除が受けられるのではないということです。

居住している必要がありますので、たとえば、2010年10月に家が完成した場合、10月中などに居住を開始していれば2010年控除が受けられる形になります。住宅取得してから6カ月以内に居住を開始して、現在も居住している必要があります。

借り換え時の控除条件

また、住宅ローン借り換えをした際に控除は適用されるのかどうかというところも見ていきましょう。
最新情報は国税局のHPを見てください。

まず、基本として「直接必要な借入金」である必要があるとしています。ただ、例外として、

* 1 新しい住宅ローン等が当初の住宅ローン等の返済のためのものであることが明らかであること。
* 2 新しい住宅ローン等が10年以上の償還期間であることなど住宅借入金等特別控除の対象となる要件に当てはまること。

の2つを上げています。

そして、例として「住宅の取得等に係る知人からの借入金を銀行の住宅ローン等に借り換えた場合や、償還期間が10年未満の住宅ローン等を償還期間が10年以上となる住宅ローン等に借り換えた場合であっても同じです。」という記載があります。

つまり借り換えも適用条件さえ満たせれば、控除が受けられる形になります。

適用条件に当てはまっている人は、きちんと住宅ローン減税申請を行っておきましょう。

そもそもの借入利息を減らすのが最も得策

ただ、住宅ローン控除はあくまでも、「減税」を行うものです。

減税制度を申請するよりもまず考えたいのが「利息を減らし、総支払額を減らす」ということです。

もしこれから住宅ローンの借り入れを新規で行うのであれば、「金利が低く、支払手数料も低い会社で住宅ローンを借りること」ですし、既に借り入れている場合でも、借り換えを行って、「金利が低く、支払手数料も低い会社に住宅ローンを借り換えること」が大切です。

借り換えをした方がよい、という方の目安ですが、

・現在のローンと借り換えするローンとの金利差が1%以上ある

・ローンの残高が1000万円以上ある

・返済期間の残りが10年以上ある

のいずれかに当てはまっている人というのが一つの目安になります。

現在、住宅ローンの借り入れで人気を集めているのが≪住信SBIネット銀行≫の住宅ローンソニー銀行などのネットを主体にしている銀行です。

これらネット主体の銀行は、店舗がなかったり、もしくは店舗数が少ないため、人件費を節約しています。

そのため、その分、低い金利・低い支払手数料で住宅ローンを提供していることが多いです。

これらネット主体の銀行は、店舗がなかったり、もしくは店舗数が少ないため、人件費を節約しています。

そのため、その分、低い金利・低い支払手数料住宅ローンを提供していることが多いです。

金利面で見ると、変動金利で1%を切る低金利になっている、≪住信SBIネット銀行≫の住宅ローン最長35年の長期固定金利でも、フラット35に負けない低金利となっており、さらに「借り換え可能」なため新規・借り換えともに人気を集めています。

また、ソニー銀行は、金利は≪住信SBIネット銀行≫の住宅ローンよりも少し高くなりますが、その分手数料を低く抑えているため、借入金額によっては≪住信SBIネット銀行≫の住宅ローンよりお得な場合があります。

また、審査などに不安がある方は、 イオン銀行住宅ローンなどがおススメです。

下記に金利などをまとめておきます。

【2013年4月変動金利一覧】
住信SBIネット銀行・・・0.865%(事務手数料は借入額の2.1%)
ソニー銀行・・・0.821%(事務手数料42,000円)
新生銀行・・・0.980%(事務手数料50000円)
イオン銀行・・・当初1年は固定金利0.6%。2年目以降も金利を最大年1.2%差し引きあり。

また、フラット35の場合には楽天銀行SBIモーゲージなどのネット銀行系列が金利・手数料ともに業界最低水準で人気です。

この辺りに関しては、借入金額の大小によって異なってきますので、自身の借入金額を見た上で各社を検討するといいでしょう。

住宅ローン会社人気ランキング

wa-aka.png ソニー銀行 ・・・ 2011年度オリコン顧客満足度ランキング住宅ローン総合1位(金利、手数料、融資金額、担当者の対応、商品のわかりやすさ、商品の豊富さ、利便性、付帯サービス、信頼性の9部門で第1位)として人気の住宅ローンです。

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・最長35年の長期固定金利ながらフラット35に負けない低金利で借り換え可能なため低金利長期固定を考えている方に向いているでしょう。保証料無料』、『繰り上げ返済手数料無料

wa-aka.png 楽天銀行のフラット35 ・・・・フラット35取り扱い業者の中で最低水準の金利と手数料を誇っています。 さらに楽天銀行口座を返済口座に指定すると、 融資手数料が0.36%下がりおススメです!

wa-aka.png SBIモーゲージ ・・・業界最低水準の低金利を誇るフラット35取り扱い会社。繰上返済手数料無料。

住宅ローン

wa-aka.png 新生銀行 ・・・低金利かつ手数料の安さが魅力!新生銀行住宅ローンは、保証料無料』、『繰り上げ返済手数料が無料といった特徴があります。

wa-aka.png イオン銀行住宅ローン ・・・当初1年は固定金利0.6%。2年目以降も金利を最大年1.2%差し引きあり。

wa-aka.png 常陽銀行 ・・・茨城県の地銀ですが茨城県に限らず、栃木、福島、千葉、埼玉、宮城の各県、東京都でも申込OK。土日も相談できる専門窓口が茨城周辺エリア(県内・県外)にあります。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除というのは正式名を住宅借入金等特別控除のことを言います。住宅ローンを使って家を購入した場合に、ある条件をクリアしていれば、納めた税金が帰ってくるという制度なのです。その条件ですが、住宅を購入してから半年以内に家に入居して、控除を受ける年の12月31日まで住んでいることが前提です。控除を受ける年の所得は3000万円以下であるということも条件になっています。

取得した年と、前後2年間の五年間受けることが出来ます。住宅ローンは家を買ったり新築、改築をする目的で家を抵当に入れて銀行や金融機関からお金を借り入れることを言いますが、物件の8割まで借り入れが可能です。

住宅を買うとなると、ほとんどの人が住宅ローンを利用していますが、その際に還付金を受けることが出来る制度ですからせっかくですから、しっかりと条件をクリアしているかどうかを把握した上で、住宅ローン控除を受けるようにすると還付金がもらえますからおすすめです。

時期は年末調整や確定申告の時期に税務署から送られてきた専用の用紙に必要事項を記入して提出することになります。提出先や提出期限などは人によって違っていますから、きちんと把握した上で賢く住宅ローン控除を受けるようにしましょう。

住宅ローン控除に必要な書類

住宅ローン控除は、住宅を購入した際にローンを組んだ場合、年末にローン残高がいくらあるかによって、所得税が還付されるという仕組みです。

年末借り入れ金残高の1パーセントが所得税から控除されます。住宅ローン控除を受けるためには税務署に確定申告をしなければいけません。そのためには言えの取得年月日、床面積、取得額を証明できる書類、住宅取得資金にかかった借入金の年末残高証明が金融機関から送られてくると思いますので、それらの書類を一緒に持って税務署にいくことになります。

会社員などは給与所得者になりますが、住宅ローン控除を初めて受ける年は確定申告をしなければいけません。翌年からは会社の年末調整で受けられます。残高が2000万円あるという場合には1パーセントとなると20万円ですが、自分が納めた所得税の額が限度額になりますから、もし納めた額が15万円だった場合には減税額は15万円になるというわけです。

必要書類は、金融機関が発行している残高証明書、住宅の登記簿謄本、住民票の写し、源泉徴収表、住宅を建築した場合には工事請負契約書、住宅を購入した場合には売買契約書が必要です。これらの書類を持って不備のないようにして、初年度は確定申告をしにいきましょう。

近年の住宅ローン減税制度で控除申請者も増えているようです。

住宅ローン控除の条件

住宅ローン控除を受けるにあたっては条件があります。その条件をクリアしていなければ受けることが出来ません。住居の取得だけではいけないのです。それとともに取得される敷地にも適用されますから覚えておきましょう。そしてそれ以外にも増改築、リフォームをした場合にも対象になります。住宅ローン控除で減税の効果を得るためには、いくつか他にも条件があります。住宅を取得してから半年以内に入居しなければいけませんし、控除を受ける年の所得は3000万円以下という条件があります。普通の住宅ローンを組む家庭で収入が3000万円以上になることはないと思いますから大丈夫ですね。

そして住宅ローンの返済期間についても10年以上であるという条件があります。入居した年と、その前後2年間に特別控除を受けていないことも条件で、住宅の占有面積は50平方メートル以上であることも条件となっています。確定申告をする前にきちんと自分たちは住宅ローン控除を受けられるのかどうか、これらの条件に当てはまるか確認しておきましょう。

中古住宅でも受けることは出来るのですが、建築されてから25年以内の物件でないといけません。これらの条件をクリアしていれば確定申告が可能です。
4

確定申告

住宅ローンを受ける条件の一つには実際に家に住んでいることがあります。住宅ローン控除制度は所得税法によって決められていますから、対象になっている税金は所得税ということになります。税金を支払いすぎているともったいないですから、確定申告の手続きで払いすぎたものを取り返しましょう。住宅ローン控除の申請を、若し忘れていたとしても、5年にさかのぼることで請求が可能です。もし忘れていたという人はあきらめずに申告をしにいくようにしましょう。

住宅ローン控除が受けられない条件として、借入金がありますが、これは適応対象外になっています。借り入れ期間が10年以上の分割をするような返済、親戚から個人的に借り入れたお金や、勤務している先から無利子や1パーセントにも満たないようなり率で借り入れをしているという場合には、それは適用条件に外れるので注意してください。

サラリーマンの人が初年度確定申告にいく場合には2月16日から3月15日なので覚えておきましょう。税務署へ行ってやり方がわからなくても税務署の人が教えてくれますし、相談コーナーもありますからわかると思います。最近は行かなくてもインターネットからの申告も可能ですから検討してみるのもいいかもしれませんね。

住宅ローン控除の注意点

住宅ローン控除の注意点ですが、マイホームを購入した次の年から10年間税額控除が受けられますが気をつけなければいけないことがありますから覚えておきましょう。まず平成19年に税制改正が行なわれて、住宅ローン控除の控除期間が従来の10年と控除率が引き下げられて15年に選べるようになりました。この点は違いがありますので注意しましょう。そして共有住宅についてですが、名義が共有で、連帯債務者になっている場合、妻や両親でも居住要件をクリアしているのであれば住宅ローン控除は受けることが可能です。

繰り上げ返済についても注意が必要です。住宅ローン控除を受けている人で10年間に借り入れの一部分を繰り上げ返済することがありますが、返済したことで返済期間が短縮になって10年以下になった場合にはその年分以降は住宅ローン控除が受けられません。また転勤で転居しなければいけなくなったりした場合、居住していなければ住宅ローン控除は適応になりませんから、転勤で住まないとか、何らかの理由でその家にすまないことに鳴った場合には控除されません。再び居住した場合には次の年から、また適用されますので安心してください。これが住宅ローン控除によくある少し複雑な点の注意点です。

フラット35Sの復活

フラット35Sの復活が話題になっています。

本来2011年9月末で申し込み受け付け終了するフラット35S。

この長期固定金利型住宅ローン「フラット35S」の金利1%引き下げ措置が、復活しそうだというニュースがありました。

適用対象を「省エネルギー性に優れた住宅を取得した場合」に限定して、2011年度中に復活を目指すということでした。

2011年9月終了のフラット35Sは、省エネルギー性のほか耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性のいずれかに優れた住宅を取得した場合が対象となっていました。

次のフラット35Sはもう少し厳しい基準が予測されます。

ちなみに、元々の金利引き下げ幅は0・3%だったのですが、昨年2月から1%に拡大。その後本来は2011年中はOKだったものが利用者増で9月末に引き上げられました。

2011年中にフラット35Sが復活するのかどうか、注目が集まりますね。

住宅ローンの審査

住宅ローンの審査について見ていきましょう。審査基準は一般的には勤務先や年収などで見られます。

その他にも借金の有無、信用情報なども見られるようです。

審査基準としては年収200万円以上、400万円以上など、銀行によって様々に分かれています。

なお、審査に通らないかどうかは目安年収に例え満たなかったとしても、あくまで目安の年収ではあるので申し込みしてみる価値はあるかと思います。

審査に通らなかったとしてもまた次の住宅ローン会社に行って見ればいいので。